Information

インプラントの必要性
インプラントのメリット
従来法との違い
インプラントの耐久性は大丈夫?
インプラントの種類
インプラントのデメリット
古代のインプラント
インプラントの歴史背景
口臭は、加齢によって多くなる
入れ歯の人は、口臭が酷いので綺麗に洗う事
口臭も個性!?
無痛治療でインプラント
サイナスリフト法
フラップレス術
テンポラリーインプラント
AQBインプラント
インプラントの手術
手術前の準備(のどの具合)
手術前の準備(口の開き具合)
インプラント手術で出血はある?
インプラントの手術後
インプラントのメンテナンス
インプラントの治療はなぜ高い?
インプラントの費用
治療医院の選び方
インプラント手術のトラブル
インプラント手術の成功率
1回法と2回法手術の違い
妊娠中のインプラント治療
インプラントと歯周病
インプラントと喫煙
インプラントの手術に適さない人
インプラント治療に適している人とは?
露出の夏、気になるムダ毛
お風呂で手軽に便秘解消!
おじさんの口臭
女性ならではの口臭の悩み
口臭の悩み
DENTOR SYSTEMA
口臭予防について
緊張からくる口臭を抑える方法
おススメの口臭予防について
口臭は本当に困ります
普段の生活でかなり減らせます
お口のエチケット
せっかく綺麗にしているのに残念としか思えません
主人のお口
迷惑な口臭は予防で防げる!
歯医者は痛くなる前に
歯医者さんは過剰なのでは
歯医者の思い出
タバコのニオイはどうしてますか?
タバコのにおいが極度に苦手です
タバコのニオイが染み込んだ車
タバコは私にとって健康に害を及ぼすもの
健康食品って本当に健康になれるの?
目元、口元のほうれい線が気になって
ユーグレナを飲んで
健康維持・免疫力向上のためにのサプリに興味があります!

妊娠中のインプラント治療

インプラントを受けたいと思っているけど、いまお腹の中に赤ちゃんが居るのよね・・・

このように、妊娠している女性でもインプラント治療を受けることが出来るのか?ということですが、妊娠初期(1〜4ヶ月目)は、やはり精神的にも不安定になっていることが多く、流産の可能性を招く心配もあるため、避けた方が良いです。

妊娠安定期(5〜7ヶ月目)であれば、インプラント手術は可能であると言えます。ただし難易度の高いインプラント手術(骨移植を伴うものなど)は避けた方が良いです。

妊娠後期(8ヶ月〜)になってしまうと、体内の血液の20%が子宮に集中するため、緊張や痛みに対する恐怖から貧血を起こしてしまう恐れがあります。また、子宮筋が分娩準備状態に入るため、ちょっとした刺激で子宮収縮を起こしやすくなり、早産してしまう可能性も出てきますので避けます。

インプラント治療は手術だけでなく、麻酔、レントゲン、抗生剤や鎮痛剤の内服も必要になってきますが、それらの影響はどうなのでしょう。

手術の際に使う麻酔にはリドカインというものを使用します。これは無痛分娩に使われる量より少ない程度なので胎児への影響はほとんどありません。

レントゲン線量は、問題はないとされています。ただし、影響は全くないとは言い切れないので、防護エプロンの着用をしたり、撮影の回数を最小限にしたりする必要があります。抗生剤、鎮痛剤に関しても胎児に影響の極めて少ない薬を使用するため、問題はないと言えます。

しかし、妊娠時期は精神的に不安定でデリケートな時期です。治療は受けられますが、やはり赤ちゃんのことを一番に考え、慎重に行った方が良いと思います。

というか、べつに焦ってインプラントを受ける必要は無いと思うので、妊娠が終わりひと段落してからインプラント治療を考えてみてはいかがでしょうか?

まぁ、産まれたら産まれたで、今度は育児に忙しくなり、さらにズルズルと先延ばしにはなりそうですが(笑)

【いろいろな情報ッス】
再婚 結婚相談所- 再婚希望者が結婚するには?
カウンセラーについて - 結婚相談所活用講座